tbP1N9DwJJM
  • 教員紹介
  • 学科長 : 仁井 和彦京都大学経済学部経済学科卒業。重機械メーカー、金融機関に勤務し、貿易、国際企画・管理、営業企画、現地法人経営、M&A業務に従事。その後、本学園短期大学秘書科教員を経て、本学科に転任。実務経験者の視点から経済・金融関連の研究・教育に取り組んでいる。

実務経験を活かした経済・金融動向分析、経済・金融教育の研究

 社会人にとっては経済・金融の分野は身近なものであるが、学生には必ずしもそうではない。実務経験者として現在日本が直面する経済・金融問題を「少子高齢化」「グローバル化」「地球温暖化(環境問題)」の視点から、日常生活への影響を分析、研究している。そして、学生が経済・金融の分野を学ぶに際して、新聞記事を題材に、現在の動向を踏まえながら、経済・金融の理論を学び、理解できるように、その教育方法を研究している。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  • “Be ambitious!”“Be beautiful!”“Do challenge!”さらに、“Do It Yourself!” これは本学科学生に贈っている言葉です。現代ビジネス(Current Business)のイニシャルにちなみ、“Challenging Beauty” 挑戦する現ビ生、美しき挑戦者として、学生生活、これからの人生を歩むことを期待しているからです。
     本学科の目指すものは、現代社会の要請に応え、ビジネスや公共サービスに関する高度な専門知識、実務能力、豊かな人間関係を構築できる国際的なコミュニケーション力を兼ね備えた人材すなわち、“Challenging Beauty” の養成です。
     私たちを取り巻く社会環境の大きな変化をしっかりと理解し、世界に触れ、社会に学び、女性が輝く社会の主役“Challenging Beauty”になるために、私たちと現代ビジネス(Current Business)を勉強しませんか。私たち教職員一同は学生一人一人をサポートします。本学科の主役、あなたの人生の主役はあなたです。“Please join us!”
  • 金沢 英樹早稲田大学法学部卒業、大手食品会社に勤務。原料購買・経営企画の他、海外事業・海外M&Aなどの業務を経験。在勤中、多摩大学大学院でMBA取得、また早稲田大学大学院にて労使関係を研究。長い企業勤務経験を踏まえて、経営理論を実際のビジネス事例に即してわかりやすく学生に伝えることをモットーとしている。

マーケティング戦略及びビジネス実務に関する研究

 マーケティング分野では、「モノを売る仕組み作り」を学びます。市場にはモノが溢れていますが、その中から自社の製品・サービスを消費者に買ってもらうために、企業はさまざまな工夫をしています。製品開発、価格設定、流通チャネル、広告・宣伝など、マーケティングの基礎知識を学びます。さらに話題の製品・サービスを取り上げ、そのマーケティング手法の特徴を考察します。またビジネス実務の分野では、企業の仕組みや企業で働く場合に求められる能力、さらにビジネスマナー・ビジネス文書の作成などを学び、社会人として働く基礎を身につけます。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  •  現代ビジネス学科は、学生ひとりひとりが持つ限りない可能性を信じ、ビジネスの幅広い分野を網羅する学習プログラムや実社会での体験学習などを用意して、学生が自ら将来の進路を見出していくことを目指しています。高校生の時点では、自分の将来の進路がはっきり見えていなくて当然ですし、好奇心や夢が数多くあることでしょう。「いろんなことに挑戦できる」、それが現代ビジネス学科の良さといえます。大学生活では友達と一緒に様々な行事や活動に参加して、素敵な思い出をたくさん作ってください。そしてきっとその中から、自分の関心分野や確かな夢が見つかることでしょう。現代ビジネス学科は、皆さんが描くそれぞれの「未来」が実現するよう、全力でサポートします。私たちと一緒に、大学生活をかけがえのない人生の一ページにしていきましょう。
  • 段野 聡子同志社大学商学部を卒業後、福井県立大学経済・経営学研究科経済専攻 博士後期課程修了 博士(経済学) 公認会計士事務所、労働局、私立大学講師等を経て、2018年本学着任。専門は会計学と政策に関する研究である。法学と会計学を融合した政策研究の他、産官学連携による地域活性化プロジェクトに携わっている。

会計学、公共政策、労働政策、地域社会の研究

 企業は「将来にわたって永続的にビジネスを行う」ことを前提としてしている。会計学ではこのような考え方をゴーイングコンサーンという。この前提のもとに、キャッシュフローや企業の経営活動の状態を把握するための手段としての会計が存在する。会計学は企業の経営活動を貨幣額で測定し、投資家、債権者等の利害関係者などに報告するための基準を研究する。また、企業が行う会計を企業会計といい、国や地方自治体などの会計を公会計という。企業会計では財務会計と管理会計について研究する。政策研究では、地域社会が抱えている複雑な課題をさまざまな視点から考察し、解決方法を提起し、政策を立案し効果を分析する。

  • メッセージを閉じる メッセージを見る
  •  大学ではアカデミックな課程が多いと思っていませんか。現代ビジネス学科では、経済学、経営学などの専門的な知識を習得するとともに、実践型ワークショップ通じて経営感覚を身につけ、企業で即戦力となる人材の育成に向けたカリキュラムも充実しています。現代社会が抱える課題を見つけ、解決策を探究する実学的な力を養い、コミュニケーション能力を磨くことは実社会においては必要不可欠です。また、税理士試験、日商簿記検定、社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーなど、さまざまな資格取得に向けてのサポート体制も万全!!大学在学中に資格を取得することは、自分の将来の選択肢を大きく広げるものだと思います。皆さんが、充実した大学生活を送ることができ、卒業後に社会の様々な分野で活躍できるように現代ビジネス学科の教職員は全力でサポートします。現代ビジネス学科で色々なchallengeをしましょう!!

教員・研究テーマ

  • 氏名役職研究内容
  • 相澤 吉晴 教授 国際不正競業法に関する研究
  • 大下 英蔵 教授 経営分析(学校会計財務構造論)
  • 垰本 一雄 教授 経営戦略論、総合商社論、価値創造マーケティング
  • 辻 秀典 教授 日本とアメリカの労働法制、法理の比較研究
  • 仁井 和彦 教授 経済学、経営戦略論
  • 西村 裕三 教授 日本とアメリカの憲法問題や人権問題の比較研究
  • 水谷 昌義 教授 数理経済学、ゲーム理論、計算機理論、近代交通史
  • 森岡 文泉 教授 アジア経済、国際貿易論、中国の言語と文化
  • 大友 達也 准教授 生涯学習(職業教育・健康教育)、診療報酬論
  • 金沢 英樹 准教授 現代企業の経営戦略・経営組織・労使関係、ビジネス実務
  • 立花 知香 准教授 ビジネス実務教育、パフォーマンス学
  • 段野 聡子 准教授 会計学、公共政策、労働政策
  • 熊谷 由希 講師 ゲーム理論、ミクロ経済学、組織経済学