TXxNonFprD4
  • 学科トピックス

心理学のこと、大学のこと、将来のこと
心理学部 学生対談

  • Close Read More

(左から)大下 里さん(2年)白木 伽奈さん(2年)柘植 絵里香さん(4年)松浦 美咲さん(4年)今村 琴絵さん(4年)


 今村さん(4年)、柘植さん(4年)、松浦さん(4年)、大下さん(2年)、白木さん(2年)に、心理学のこと、将来のことなど、いろいろ語っていただきました。

  • 柘植 私は昔から人と関わることが好きで、人の考えていることに興味があったので、大学では心理学を学びたいなと思いました。対人関係は一生付いてまわるものですからね。今村さんはどうして心理学を勉強しようと思ったのですか。
  • 今村 私は、自分が話すよりも人の話を聞く方が好きだったことと、友人から相談を受けることが多かったので、カウンセラーという仕事に興味を持ちました。生きていく上で人の心に寄り添える存在になれたら素敵だなあと思って、心理学を学ぼうと思いました。
  • 大下 私は、中学生のころに母が大きな病気にかかり、その時に心について興味を持つようになりました。将来は悩んでいる子どものサポートをしたいと思い、大学で心理学を勉強しようと思いました。ところで、みなさんは心理学のおもしろさってどこにあると思いますか?
  • 柘植 実際に人のこころは他人には見ることができないけれど、個人とか社会とかの行動や動きを分析して、『ああ、こういった考えがこの行動につながったのか』など、その原因を理解していくことにおもしろさを感じます。
  • 白木 私は、私たちが普段何気なくやっている行動がどういった感情に左右されているのかなど、たくさんのことを知ることができるところが学んでいておもしろいと思います。みなさんは、おすすめの授業をひとつあげるとすると何ですか?
  • 柘植 私は社会心理学です。個人から集団を対象にした社会心理学の授業では、普段の生活でなぜ人はそう考えるのか、行動するのかを学びます。人は十人十色で、時々私の予想を覆す研究結果が出てきたりもするのでとてもおもしろいです。
  • 今村 私は心理学概論です。1年生の前期に受けた授業ですが、この授業をきちんと受けておけば、その後のたくさんの専門的な授業に応用していくことができます。2年生、3年生になった時に役立ちます。
  • 大下 私は発達心理学です。今までの自分の成長を振り返って、以前の自分の状態を知ったり、今後の自分についても考えさせられます。人は教えられていないのに、一定の発達段階を踏んで成長していって、人間は不思議だと感じることが多いです。
  • 松浦 私のおすすめの授業は,臨床心理学演習です。この授業では実際にカウンセラーとクライアント役になりきって,カウンセリングを体験します。両方の役を体験するので,より学びを深めることができます。
  • IMG_5423.jpg
  • IMG_5441.jpg
  • 大下 この学科の学生はどんな人たちだと思いますか?
  • 柘植 人の気持ちが分かるとても優しい人たちだと思います。同級生はもちろん、先輩も信頼できる良い方ばかりでしたし、後輩も優しくてしっかりした人たちばかりです。
  • 白木 まじめで、友達思いの優しい人たちです。
  • 今村 じゃあ、学科の先生たちの印象は?
  • 松浦 学生思いの先生方が多いと思います。学生との距離が近く,気軽に相談しに行くことができるし,話を親身に聞いてくださいます。
  • 柘植 とてもユニークで心優しく楽しい先生方です。相談事をしても自分のことのように考えてくださいます。
  • 大下 講義もわかりやすく、講義を受けるごとに新しい疑問や、もっと知りたいと思う気持ちがわいてきます。
  • 今村 ところで、とても広い安田キャンパスですが、おすすめの場所をひとつずつあげてみませんか。
  • 柘植 9号館の屋上庭園です。天気のいい日に景色を見ながら食べるお弁当は普段より数倍美味しく感じます。
  • 白木 私も、9号館の屋上です。眺めが綺麗なのと、天文台があって天体観測もできますしね。
  • 大下 1号館に新しくできた和室の「白梅」がおすすめです。予約が入っていない時間は休憩室として利用することができます。私は授業と授業の間などに利用しています。畳で横になって、のんびり過ごすことができておすすめです。
  • 松浦 私は図書館のオープンスペースです。図書館の中では飲食はできませんが,ここでは飲食や友達とのおしゃべりもできて,勉強に疲れた時の息抜きによく行っています。今村さんは?
  • 今村 私は、個人的には先生の研究室です。先生だけでなく、同じように先生をたずねてきた同級生や先輩後輩と仲を深めるきっかけになります。
  • IMG_5376.jpg
  • IMG_5403.jpg
  • 今村 白木さんと大下さんは2年生ですよね。大学生活楽しんでいますか?
  • 白木 すごく楽しんでいます!仲の良い友達と話したり、お互いに勉強を教えあったり、遊びに行ったり、先輩や後輩と交流を深めたり、いろいろです。
  • 大下 私は自然や日本文化が好きなので、旅行にたくさん行っています。今年だけで7つの県をまわりました。学生時代には旅行にたくさん行っておいた方が良いと聞くので、旅行のためにアルバイトでお金をためています。まだまだ行きたいところがたくさんあるので学生のうちに行っておきたいです。
  • 柘植 7県も!4年生のみなさんはいかがですか?
  • 今村 自分の興味のあることを学ぶことができるので授業も楽しいです。また学外では、アルバイトをしてお金をいただきながら社会勉強もしています。
  • 松浦 充実した大学生活を送っています。1、2年生の頃は主に授業がメインで,課題やレポートが多く大変でした。でもその中で勉強だけでなく,大学の友達とご飯を食べに行ったり,遊びに行ったりする時間も作って,メリハリのある生活を送っていました。今は,自分の夢に向けて,勉強やアルバイトをして充実した毎日を送っています。
  • 大下 先輩たちは卒業後、どんなお仕事をされる予定なのですか
  • 今村 私は児童養護施設に就職予定で、心理士ではなく指導員として子どもたちの心の支えになれたらと思っています。職場ではもちろんですが、心理学は日々の生活にどんどん活かしていくことのできる学問だと思っているので、関わっていく人達と素敵な関係を築いていけるよう活かしたいと思っています。
  • 柘植 私は内定先が営業職なのでお客様から信頼され、会社で1番の営業になることが夢です。大学で学んだ心理学を生かしながらお客さまの気持ちを理解していきたいと思っています。大下さんの将来の夢は?
  • 大下 私の夢は保健室の先生になることです。保健室では、体の健康だけではなく、心の健康に対してのサポートも行います。心理学の学びを活かして、悩みを持った子どものサポートができればいいなと思っています。
  • 白木 松浦さんは大学院に進学されるんですよね
  • 松浦 はい。私は将来、障害者を支援する施設で働き,当事者だけでなく家族に対する支援も行いたいと考えています。その際に臨床心理士として、当事者や家族に対して、より専門的な心理的支援をしたいと思っています。そのためにも,大学卒業後は大学院に進学し,より深い知識や経験を身につけていきたいと思っています。
  • IMG_5386.jpg
  • IMG_5392.jpg
  • 今村 ここで、それぞれ大学生活でのとっておきのエピソードをひとつ紹介しませんか
  • 松浦 私のとっておきのエピソードは,毎年ゼミのみんなで参加しているお祭りです。夏になると地域のお祭りで屋台のお手伝いをすることが恒例になっています。お祭りを通して,地域の方との交流が深まり,自分自身が地域の一員であるという実感が持てます。
  • 柘植 私は2年の時に新入生歓迎のオリエンテーションセミナーの実行委員になり、人の前に出ることへの自信やリーダーシップが培われたと思います。その経験を通して、人間としてとても成長したと思います。
  • 今村 私も柘植さんと同じく、オリゼミ(注:新入生歓迎のオリエンテーションセミナー)実行委員になったことでたくさんの方々と関わり、人として成長することができました。オリゼミあっての私の大学生活だと言えます。
  • 大下 私は、冬に大学で催されたスキーツアーに行ったことです。久しぶりにスキーに行ったのですが、大学の先生が丁寧に教えて下さり、とても楽しいスキー旅行でした。
  • 白木 私は、エピソードというより、何気ない毎日の生活です。普段一緒にいる友達と、一緒にたわいもない会話をしたり、講義を受けたり、その普通の生活が私のとっておきのエピソードです。
  • 今村 今日は違う学年の人たちともいろいろお話できて楽しかったです。またこんな機会があるといいですね。

gakusei_all2.jpg

大学院ってどんなところ?
藤沢敏幸 臨床心理学コース長×大学院生・修了生 対談

  • Close Read More

(左から)藤沢敏幸 臨床心理学コース長、坂本叶子さん(修了生/児童発達支援施設勤務)、井口有希さん(臨床心理学コース博士前期課程2年)


 安田女子大学心理学部の学生の中には、心理学をより専門的に学ぶため、大学院進学を希望する学生が多くいます。大学院とはどんなところなのでしょうか。

 安田女子大学大学院文学研究科教育学専攻 臨床心理学コース長の藤沢敏幸先生が、臨床心理学コース博士前期課程2年の井口有希さん、大学院を修了して現在、児童発達支援施設で児童指導員として働く坂本叶子さんにお話を聞いてくださいました。

  • 藤沢 井口さんは大学院に在籍中ですが、大学院にどのような夢や希望を持って来られたのですか?
  • 井口 高校生の頃、「私は将来何になりたいんだろう」と悩んでいた時期に、いつも優しく話を聴いてくださった保健室の先生のことを思い出し、心に寄り添えるようなスクールカウンセラーになりたいと思い、大学院に進学したいと思い始めました。
  • 藤沢 大学院で学ぶ魅力は何ですか?
  • 井口 そうですね。大学院では、やってみたいと思ったことに挑戦できる環境が整えられていると感じています。集中して学びに向き合える場や先生方からの暖かいサポート、そして、年齢も経歴もさまざまな仲間と過ごすことで自分一人では思いつかないような考えに至ることもあります。
  • 藤沢 大学院で新しい発見はありましたか?
  • 井口 はい。高校生の頃の私は、「心理職=生徒の悩みを聴くスクールカウンセラー」「この心理テストで『犬』を選んだ人の性格は○○」みたいなイメージしかありませんでしたが、院で勉強すればするほど心理学の奥深さを知ることができましたし、実習を通して、社会で活躍できる心理職ってこんなにたくさんあるんだと再発見しました。
  • 20170727_4.jpg
  • 20170727_5.jpg
  • 藤沢 坂本さんは児童支援施設で働いておられますが、大学院での勉強が今の仕事にどのように役立っていると思いますか。
  • 坂本大学院ではカウンセリングを担当したり、病院や保育園などたくさんの現場で実習をさせていただきました。たくさんのクライエントさんと関わって、先生方や同期の仲間たちとそれぞれの事例について議論をしました。大学院で経験したクライエントさんとの関わり方が、今子供たちと関わる時の基本的な姿勢になっていると感じています。
    今もそれぞれのクライエントさんに合った支援を考えるため、職場の人たちとの話し合いを通して考える時間を大切にしています。
  • 藤沢 今日はお話を聞かせてくださって、ありがとうございました。

心理学の学びを活かすさまざまなキャリア選択を応援しています
~心理学を学んで公務員という選択~

現代心理学科の4年生(2018年度)7名が公務員試験に合格しました。
  • Close Read More

現代心理学科では心理学の学びを通して、自分の人生における仕事の意味を考えながら自分を活かす進路をみつけるためのキャリア支援を行っています。学生には、就活期間だけでなく、4年間かけてじっくりと進路について考えてもらいたいと思っています。学科では、公務員をはじめ、様々な学生の進路選択を支援するために、多様な仕事に就いている卒業生の「OGシンポジウム」や「進路決定報告会」、4年生による後輩のための「進路相談会」など、さまざまなキャリアモデルを実際に提示する機会を設けています。
そんな現代心理学科が目指している心理学の学びの先にある進路のひとつに、公務員の仕事があります。心理学の学びを活かして、社会や他人のために働きたいと考えている学科の学生たちにとっては、その想いを形にできる選択肢のひとつです。


この度、島根県(心理職)、広島市役所、周南市役所、広島県(警察事務)での仕事が決まった4人の学生にお話を聞きました。


Q.大学で心理学を勉強しようと思ったきっかけは何ですか。

  • 鐘築 昔から、犯罪に関する心理など、自分と違う考え方や生き方をしている人の心理を知りたいと思ったことがきっかけでした。
  • 木村 高校3年生の時にやりたいことが見つからず、興味本位で参加した現代心理学科(旧心理学科)の「高校生のための心理学セミナー」をきっかけに心理学に興味を持ちました。その中でも視線や表情に関する授業が特に面白かったです。同じ表情でも見る人によっては怒っているように見えたり悲しんでいるように見えたりするなど、「人によってこんなにも見方が変わるんだ」と思いました。人の心は面白いと感じ、もっといろんな心理学を学んでいきたいと思うようになりました。


Q.いつごろから、公務員を目指すようになったのですか。

  • 片岡 大学2年時に参加したインターンシップで広島市児童相談所を訪れたのがきっかけです。そこから、児童相談所に興味を持って調べるようになり、すべての子どもたちが安心安全に、そして幸せに暮らしていける、そういう街をつくっていきたいと思うようになりました。
  • 鐘築 公務員への漠然とした憧れは大学1年生の時からありましたが、きちんと考え始めたのは就職活動が解禁になった3月からです。学部卒でも心理を活かせるという点に魅力を感じ、公務員の心理職を志望しました。


Q.採用試験のための勉強中、大変だったことはなんですか。

  • 河村 私は公務員一本で民間就活はしていなかったので、みんなが就活をしている姿をみて焦りました。落ちたらどうしよう、不安、怖いな、勉強嫌だなと思う日々もありましたが、市役所で自分が働いている姿をイメージしてモチベーションをあげたり、同じように公務員を目指している友人と話したり、息抜きをして遊ぶことで乗り越えてきました。
  • 片岡 模試の成績が、友達と比べて自分は思うように成績が上がらず焦りました。でも、他人と比べることをやめ、自分には何が足りていないのか冷静に分析して勉強をすることで成績もだんだんと上がっていったと思います。


Q.勉強中、励みになったことはなんですか。

  • 河村 公務員を目指している仲間の存在です。今年の4月から、安田の8号館5階に公務員・教職の勉強部屋ができたので、そこで過ごせたことが大きいです。公務員を目指しているからこそ分かる悩みや不安を共有したり、小さなことで大笑いして気分転換したり、勉強の気分が乗らないときは、暗記物の問題を出し合ったりしていました。また、学習支援センターの山田先生がいつも、小論文や面接のことだけでなく不安な思いなど、なんでも話を聞いてくださり落ち込んでいても心が楽になりました。仲間、先生、みんながいたからこそ、合格できたなと思います。


Q.勉強中の工夫があったら教えてください。

  • 木村 「今日、○○時間勉強できたら□□の動画を見る!」というように、1日の勉強時間の目標と同時に、それを達成できた時のご褒美をつくっていました。このように楽しみを用意することで、辛い勉強でもモチベーションを維持することができ、継続して勉強していくことができたと思います。ちなみに私は、3・4月頃、サンドウィッチマンにハマっていたので、「10時間勉強したら、夜はサンドウィッチマンの動画を見る!」という風に楽しみを決めていました。


Q.これからの仕事に、大学で学んだ心理学をどう活かしたいと思っていますか。

  • 木村 4年間人の心について学んできたので、これまで学んだ知識を活かして誰よりも県民の心に寄り添える人になりたいと思っています。また、この学科では、人の心だけでなく統計というスキル面も学ぶことができ、私も授業や卒論などを通して統計について学びました。警察の仕事においては、県民の安全を守っていくためには犯罪統計から言えることは多くあり、データを読み取れる力も求められてくると思います。ですから、心理学の知識とともに、4年間学んできた正しいデータの見方やデータ処理といった統計の知識とスキルも活かして広島県の安全に貢献していけたらいいなと思います。
  • 鐘築 心理職なので、専門的な知識はもちろんですが、心理学を学んだことで、人と関わる時の姿勢や考え方、自分自身の心の持ち方など、生きていく上で重要なこともたくさん学んだので、それらを活かして、この仕事をしていて良かったと思えるような、充実した毎日にしていきたいです。
  • 河村 心理学には色々な分野があり、人間について多角的に学ぶことで物事の考え方が変わり視野が広がりました。また、私は、ゼミのフィールドワークで、実際に現地に出て自分の目で見て耳で聞くという体験を通して、座学では分からない多くのことを学びました。現地のニーズを引き出すことができるように、市民の方々との関わりを大切にしていこうと思います。
  • 片岡 やっぱり希望の部署(児童相談所)に行けることが1番の理想ではありますが、違う部署になったとしても、心理学で学んできたことを活かして、市民の方に寄り添うことの出来る職員になりたいと思います。
  • 20181225_1.jpg
  • 20181225_2.jpg
  • 20181225_3.jpg
  • 20181225_4.jpg

企画力を高め、絆を深める「現代心理学科ゼミ」

  • Close Read More

 現代心理学科では毎年、学生が趣向を凝らした企画内容で実施する学科ゼミを開催しています。学科ゼミでは、1~4年生までの学生が参加者し、学年を越えた交流を深めることができます。心理学に関わるさまざま仕事の現場を見学したり、人材育成のプロの方を講師に招いて講義を受けたり、学科OGを招いて座談会を開催し、社会人、心理学の専門家としての経験を聞く機会等を設けています。学生が主体的に企画運営する能力を高めるだけでなく、卒業後の進路を考える良い機会となっています。参加した学生たちからは、「普段は絶対聞けないような貴重なお話が聞けた」、「先生や先輩とゆっくりお話ができてうれしかった」、「企画に参加して、みんなが喜んでくれたのがうれしかった」、などの感想が聞かれます。

本学大学院に臨床心理士、公認心理師、学校心理士への最短コースを用意

  • Close Read More

 現代心理学科では、心の問題を解決して支援していく方法を演習や実習などを通じて、実践的に学んでいきます。実際に社会に出て、現場を体験しながら学ぶ授業も用意し、心を支援できる社会人やスペシャリストをめざします。また、カウンセラーをめざす人の多くは、臨床心理士、公認心理師や学校心理士の資格取得のため、その最短コースを用意した大学院へ進学します。本学大学院の教育学専攻博士前期課程臨床心理学コースは、「日本臨床心理士資格認定協会」が認定した第1種指定大学院です。修了後、直ちに臨床心理士受験資格を得ることができます。また、2017年9月に公認心理師法が施行され、心理職初となる国家資格「公認心理師」が誕生しました。本学では、2018年度入学生から公認心理師法にも対応したカリキュラムがスタートしています。

さまざまな領域の専門家、研究者を招いての講演会の開催

  • Close Read More

 現代心理学科では、心理学のさまざまな専門領域や心理学以外の多様な専門領域から講師を招いて講演会を開いています。学生がこうした講演会を通して心理学のさらなる魅力に触れ、見識を高めることや、さまざまな人の生き方について学ぶことで、在学中に自分自身の人生のグランドデザインを描いてほしいと願っています。

心理学実験室の設備 光トポグラフィ&アイトラッカー

  • Close Read More

 心理学実験室に設置してある近赤外光を用いた脳計測装置(光トポグラフィ)は脳前頭葉の血液量の変化パターンを可視化でき、精神疾患等の診断に活用されています。また、アイトラッカーは、人間の眼の動きを追跡して記録し、視線がどの部分からどの部分へと移ったか、また何秒間見たかといったデータを記録します。このデータを分析することで、人が興味を持って見るものなど、さまざまな人間の行動について推測することが可能になります。学生の卒業研究にも、これらの装置は使われています。

  • topography.jpg脳計測装置(光トポグラフィ)
  • eyetracker.jpgアイトラッカー

1