78q3LFIPxEE
  • 研究室紹介

西村 聡生

柔しく、剛く


【ゼミの紹介】
 ゼミ教員は、人がこの世界をどのように認識し、どのように思考し、どのように行動するのか、その過程を実験を通じて解明していく認知心理学を専門としています。3年次から始まるゼミでは、大学での学びの集大成として、学生が主体的に「研究」を行います。研究テーマを決定し、文献調査を行い専門知識を深めながら、研究計画へと収斂させ、実験・調査を実施し、結果を分析して考察し、卒業論文を執筆します。それぞれが進捗状況を報告し、議論することで切磋琢磨する場となっています。

【学生からのゼミ紹介】
 西村ゼミでは、それぞれが興味のあるテーマを決め研究に励んでいます。3年次では、様々な文献を読み、自分が理解したことをゼミで発表することによりさらに理解を深め、そこから卒業研究のテーマを見つけていきます。4年次には、決めたテーマについてそれぞれが質問紙を作ったり実験を行ったりして研究を進めていきます。ゼミのメンバーはとても明るく、発言を気軽にしやすい雰囲気になっています。その中でも、時には厳しい意見も飛び交うなどメリハリをつけて取り組んでいます。さて、ここまで西村ゼミを少しだけご紹介しましたが、ゼミではまだまだいろいろなことをやっています。西村聡生先生は志のある諸君を待っています!

橋本 博文

「変われない」私たちを変える手立てを考える。


【ゼミの紹介】
 どうして私たちは、「変わりたい」という思いを抱きつつも「変われない」のでしょうか?橋本研究室では、社会心理学の視点から、変われない私たちを変える手立てを考えています。キーワードは、「感情」と「理性」、そして「状況」。この三つに焦点をあわせて、私たちの心と社会のあり方を分析しています。

【学生からのゼミ紹介】
 橋本研究室に所属すると、ちょっと大変です。先生からは、「自分の考えをもっと論理的に表明しよう」、「英語の文献にも挑戦しよう」、「統計的検定を正確にこなそう」など、卒業研究を進めていく上で多くのことを求められます。正直、要求水準が高いなと思うこともありますが、そのぶん頑張りがいがあるゼミです。
 社会心理学に興味のある人ばかりなので、自分で考えた研究テーマに沿って調査や実験を遂行することが多いです。実際に研究を進めていくとなると、どうしても先生やゼミの仲間の協力が必要になります。橋本ゼミは「オン・オフをはっきりと分けるゼミ」なので、やるべきときはみんなで力を合わせます。3年生と4年生の距離が近いのも橋本ゼミの特色です。オフ・モードの橋本ゼミもみんな仲が良く本当に楽しいです!(2013年度入学生A・N)

主な卒論テーマ