CiZfURyYMLU
  • 学科基本情報

学びの内容

3_10_2ill1.gif

学科の目的

感性を磨き、多彩な表現力を身につけ、課題解決の場で実践できる人材を育成します

来たるべきAI時代に、人・情報・技術の調和ある社会の担い手として、生活の質向上、社会イノベーションの推進に貢献できる人材を育成・輩出する事が目的です。
カリキュラムはデッサン、絵画、彫塑など、芸術的アプローチで感性を磨く「感性造形」、伝統工芸から商品開発まで工学的アプローチで学ぶ「形状造形」、写真、出版物編集から3次元CG、VRなど最先端の表現を学ぶ「メディア造形」の3領域で構成し、豊富なプロジェクト課題を通して、社会に生かせる真の実力を養います。

学科の特色

アート・デザインを基礎から学び、感性を磨きます

アート関連科目とデザイン関連科目の両方を幅広く基礎から学ぶことで"カタチ"と向き合う姿勢、作品を産み出すために細部にまでこだわる姿勢を培います。
※入学までの美術の経験値は学生により様々です。1年前期に開講されるデッサンの授業は基礎から始まります。経験の有無にかかわらず、授業は個々のスキルに応じて進められますので、これまで美術の経験がない人でも安心して受講できます。

多彩な表現力を身につけます

形状造形領域では伝統的工芸技術から最新のデジタル造形技術までを駆使した3D(立体物)の制作を学びます。
メディア造形領域では印刷や写真、動画から3D CG、プロジェクションマッピングまで最新のメディアを使った表現方法を学びます。

身につけた表現力を活かし、社会で力強く活躍する女性を育成します

身につけた多彩な表現力を実践する場として地域・社会の要請と直結したPBL(Project Based Learning)課題に取り組みます。プロジェクトの問題解決にはチームで取り組みます。議論を重ね、真逆の意見でも一緒に共通のゴールに向かって進む。このような経験の積み重ねが学生を大きく成長させます。

学位授与、教育課程の編成・実施及び入学者受入れの方針

安田女子大学家政学部の教育の充実について

安田女子大学家政学部は、建学の精神「柔しく剛く」に基づき、人間と環境との相互作用に関して、生活の向上とともに人類の福祉に貢献することを目的として研究を行っています。研究方法としては、人的・物的両面から、人文・社会・自然の諸科学を基盤とし、3学科(生活デザイン学科、管理栄養学科及び造形デザイン学科)の専門の学術を教授研究し、各学科の専門的知識を生かした専門職業人を養成することを目的とします。
本学部造形デザイン学科では、その教育的側面をこれまで以上に充実するために、3つの方針、卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)、教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)及び入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)を、具体的に定めています。

2018年度入学生カリキュラム

zokei_cal2018.png


●カリキュラム(専門教育科目)の詳細については こちらをご覧ください。

取得できる免許・資格

  • ウェブデザイン実務士資格
  • ・上記掲載の資格については2019年度入学生向けの情報です。